Menu

食べ物を扱う仕事の服装

女の人

働く場所に合わせた服装

飲食店で働く従業員は、制服を着用して仕事に従事することが殆どです。制服は、仕事内容や飲食店のジャンルにより、デザインが変わっていきます。例えば、ファミリーレストランでウェイトレスとして働く女性の制服は、シャツの上にエプロンをつけてスカートを履くスタイルのものが多いです。中には、華やかな柄のシャツやリボンやネクタイのついた制服もあるようです。そのためか、かわいい制服を着て仕事をしたいという理由で、働くアルバイトの女子学生もいます。同じ料理をテーブルに運ぶ仕事でも、居酒屋になると作務衣やTシャツスタイルになります。その理由として、ファミリーレストランに比べて居酒屋のホールスタッフは、動く時間が多く汗をかきやすいため、吸汗速乾性に優れていて動きやすい制服が採用されています。日本料理屋や料亭ともなると、和風の雰囲気を大切にしていることもあり、着物で料理を運ぶことになります。このように料理を運ぶスタッフは、飲食店のジャンルにより制服が異なりますが、厨房で働くスタッフはジャンルに関係なく、白衣やコックコートを着用することが多いようです。では、カフェスタッフやラーメン店のスタッフなど、食べ物を作るスペースとお客さんに提供するスペースの近い飲食店の場合はどうでしょうか。カフェスタッフの制服は、シャツにワークパンツを履いてエプロンを着用している店が多いようです。更に頭にキャスケット帽やキャップを被る店もよく見かけます。ラーメン店は、湯気が多く発生する職場環境にあるためか、Tシャツやポロシャツを着用したスタイルが殆どです。カフェスタッフ同様に、キャップや三角布などで髪の毛が落ちないようにしているようです。

オススメ記事

レディ

依頼時にはポイントがある

飲食店では制服の着用が一般的です。統一感を出してお客に良い印象を与えることができるからです。制服を業者に依頼するときにはポイントがあります。1つは店のコンセプトに合っていることです。もう1つは業種に応じて制服の形を変えることです。

店舗

気になるお値段はいくら

飲食店の制服はTシャツなどの簡素なものから、調理用白衣、ジャケットとパンツがセットになったスーツタイプなどいろいろな種類があり、それぞれ価格も異なります。店のロゴ入りTシャツは500円から、白衣は2000円から作ることができます。

婦人

注文して繁盛店を目指そう

飲食店の制服を作成するなら、ネット注文に対応する業者に依頼するのが得策です。ポロシャツやTシャツのほか、エプロンやコックシャツなど制服は豊富に揃っており、発注サポートも充実しているため安心して利用できます。

男性

どんなお店にもぴったり

スーパーやパン屋さんそしてお弁当屋さん、カレー屋さんやラーメン屋さん飲食店も豊富にあります。お店のスタッフの制服は、そんな飲食店の種類に合わせるのがコツです。お店の看板と同じ宣伝効果があり、簡単にネット申し込みができます。

Copyright© 2017 飲食店開業に必要な制服はオーダーメイドしよう! All Rights Reserved.